美容

【お肌のくすみの原因かも?】肌を老化させる糖化とは

肌の糖化について

こんにちは!美容オタク部のmamiです。

みなさん、『糖化』って聞いたことあります?

朝お化粧した時は何にも感じないのに、夕方になると肌がくすんで見える。それはもしかしたら

肌が糖化している

のかもしれません。

身体の内側で起こる糖化ですが、肌表面にも影響を与えてしまうので見過ごせません。
それでは糖化についてご紹介したいと思います。

目次

肌がくすんで見える!糖化とは?
糖化ってどうして起こるの?
糖化が起こるとどうなる?
糖化を防ぐためのポイント
糖化による肌のくすみが気になるなら、パウダリーファンデーションを使おう!

肌がくすんで見える!糖化とは?

糖化とは簡単にいうと肌の焦げ付き。日焼けとはまた違います。

フライパンでパンケーキを焼くと、いい感じに焦げ目がつきますよね?あれはパンケーキの材料の中のものが糖化を起こしているから。

パンケーキの材料に含まれる糖質やたんぱく質に熱が加わることで、焼き目がつきます。それが実は身体の内側でも同じことが起こっているのです。

例えるなら、

たんぱく質→血液
糖質→ごはんやパンなどの食事
熱→人間の体温

このように身体の中で糖化が起こることで、肌表面に焼き目がついたかのように黒ずんだり黄色く見えたりするのです。

ざっくり話しましたが、糖化とは具体的には、食事として摂取したタンパク質と余分な糖が結びついて、たんぱく質が変性を起こし、劣化してAGEs(蛋白糖化最終生成物)という物質に変わることをいいます。このAGEsというのは、要は劣化物質。このAGEsが増えることで、身体の中や肌の劣化のスピードを速めてしまう恐ろしい物質なのです。

ここでいう糖とはケーキなどの甘い食べ物に限らず、お米やパンなどの炭水化物なども含まれます。糖質制限ダイエットといえばピンとくるでしょうか。

食事で糖質を摂りすぎることで余分な糖がたんぱく質と結びついて、劣化物質のAGEsを作り出してしまうことが肌のくすみの原因の一つになっているんです。

糖化が起こるとどうなる?

糖化とはパンケーキでいう焼き目や焦げ目のことだとお話ししましたが、糖化による肌のくすみは、コラーゲンやケラチンが黄色や茶褐色になることで肌表面の肌色にも影響を及ぼしているんです。

もともとは透明のコラーゲンやケラチンも、この糖化によって変色します。それが肌にも顕著に表れ、肌がくすんだり黄色く見えるんですね。

糖化は肌のくすみだけでなく、ハリや弾力も失われて老化へと一直線。若々しさがどんどん失われてしまいます。

この糖化の怖いところは

影響が出るのは肌だけではない

ということ。

糖化が引き起こす現象は、お肌のくすみとともにみられるシワやたるみだけでなく、動脈硬化や骨粗しょう症などの健康被害が出ることも分かっています。
糖化は肌の老化だけでなく、身体そのものの老化を速めてしまします。

糖化を防ぐためのポイント

普通に食事をしていても、糖化は緩やかに進行します。それは

食事の栄養として糖は欠かせないから。

糖が悪者のような扱いになってしまいましたが、糖質はエネルギー源としてとても大切な栄養です。

問題なのは糖質の量。

食べ過ぎてしまうから余ってたんぱく質と結合してしまうのであって、余らせなければいいんです。

簡単に言いましたけど、これが難しい。

そこで糖の量を減らすよりも、糖の種類と性質を知ることで糖化を防ぎましょう。

■糖の種類

糖にはブドウ糖と果糖の2種類があり、ブドウ糖は食事に含まれる砂糖と炭水化物が、消化の過程でブドウ糖に変わります。

ブドウ糖は考えたり筋肉を動かしたり、脈拍や体温の維持など生命活動のためのガソリンとして身体を支えています。

よくブドウ糖は『脳の栄養』といわれますが、そう呼ばれるのはこのためです。

一方の果糖は果物に含まれる糖で、一見身体に良さそうに聞こえますが、実はブドウ糖と比べて約10倍もの速さでたんぱく質と結びついて、糖化の原因となるAGEsを生み出します。

果物って身体に良いイメージがありますが、摂りすぎると劣化を速める原因になります。

やっぱり食事って、何でもバランスよく食べることが大切なんですね。

■血糖値を上げない

糖化には血糖値との関係が切っても切れません。高血糖が続くと肌の糖化が著しくなります。

そのため、血糖値をあげないために適度な運動が必要になります。

ランニングなどの本格的な運動である必要はありません!

食後すぐに足や腕をバタバタさせて思い切り身体を動かすだけでも十分。数十秒ほど動くだけでも血糖値の上昇は抑えられますので、試してみてくださいね。

その他野菜を先に食べる『ベジファースト』を実践してみるのも効果的です。

野菜を先に食べることで食物繊維の効果により糖の吸収を抑えることができます。
食べる量に制限はないので、実践しやすいですね。

ダイエットの方法としてもメジャーですので、老化を防いでダイエットもできるなら一石二鳥です。

糖化による肌のくすみが気になるなら、パウダリーファンデーションを使おう!

糖化のメカニズムはお分かりいただけたでしょうか?

でも分かれば分かるほど実感します。

すぐにはどうにもできないってことを。

やっぱり内側からの対策が必要なものって、即効性のある対処法がなかなか無いのが現実です。

そんな時はできるだけ糖化による肌のくすみや黄ばみを目立たなくする、っていうことも対策の一つだと思います。

私も黄色よりの肌色なので、ファンデーション次第で夕方の肌色が変わります。

特にくすんだりして見えやすいのはリキッドやクリームタイプのファンデーション。

リキッドやクリームタイプって、乾燥肌の方には持ってこいなんですが、私のようなちょっと脂多めのお肌体質はくすみやすいんです。

何故なら、油分が多くて酸化しやすいから

糖化と酸化によって、さらに肌がくすんで見えたり黄ぐすみが気になる様に見えます。

ちょっとオイリーな肌の方は、パウダーファンデの使用がおすすめ。

パウダーファンデはリキッドタイプやクリームタイプに比べて油分が少ないので、夕方もくすんで見えにくいです。

日中の乾燥が気になる方は、ちょっとしっとり目のパウダリーを使ったり、メイク前にしっかり保湿してあげるといいですね。

まとめ

糖化は肌や身体の老化の原因に!
糖化を抑えるためには、食事のとり方に気を付けましょう

最後までお読みいただきありがとうございました♪