美容

クレンジングオイルが肌に悪いって本当?

クレンジングオイル

こんにちは!美容オタク部のmamiです。

みなさんはどんなクレンジング剤をお使いですか?

私はウォータープルーフのマスカラを使っているので、断然クレンジングオイル派です!

でもクレンジングオイルは肌に悪いっていう噂が絶えないんですよね。。

そこでオイルクレンジングは本当に肌に悪いのか?を検証します!

目次

クレンジングオイルが肌に悪いのではないかといわれるワケ
クレンジングオイルのクレンジング力
クレンジングオイルの選び方
クレンジングオイルの正しい使い方

クレンジングオイルが肌に悪いのではないかといわれるワケ

クレンジングオイルの特徴といえば、洗浄力の高さ。

その洗浄力の高さから肌に悪いのでは?と思われがちです。

特別メイクが濃くなくてもラメやウォータープルーフのマスカラなど、オイルでないと落ちないメイクにとってクレンジングオイルは必須アイテム。

確かに洗浄力が高い分、肌にとって必要な油分まで取り去ってしまうことがあります。

ではクレンジング力のマイルドなクレンジングミルクやクレンジングジェルで、濃いメイクを落とそうとするとどうなるでしょうか。

クレンジングミルクやクレンジングジェルはクレンジング力が弱い分、肌への刺激も穏やかです。

でも、落ちないメイクを洗浄力の弱いクレンジング剤で落とそうとすると、ゴシゴシこすってしまいますよね。

この摩擦こそが肌へのダメージを大きくするのです。

肌を擦ることで乾燥したり小じわの原因になったり、毛穴が広がる恐れがあります。

それだけではありません。

肝心の洗浄力が足りないので肌にメイク剤が残り、酸化を起こして肌荒れや毛穴の詰まりを起こしてしまうのです。

毛穴の詰まりはニキビの原因にもなるので、メイクが肌に残ることは肌にとってとても負担をかけることにもなるのです。

肌の摩擦にならないようにと優しく馴染ませても時間がかかるので、いくら肌に優しいクレンジングミルクとはいえ、長時間顔に乗せておくのは肌には負担がかかります。

その点、クレンジングオイルは馴染ませてからメイクや汚れの浮きが早いため、時短になるだけでなく、肌に刺激のあるクレンジング剤を顔に乗せておく時間も短縮されるのです。

クレンジングオイルが悪だという印象は消していただけたでしょうか?

クレンジングオイルのクレンジング力

クレンジングのためのオイル
とにかくメイク汚れを落とす力に定評のあるクレンジングオイルですが、クレンジング力ってどのぐらいのものなのでしょうか。

クレンジングオイルにはジェル状にしたクレンジングオイル、ウォータープルーフのマスカラなどポイントメイク落としに特化したリムーバーなどがありますよね。

その中でも一番クレンジング力の高いのがクレンジングオイル。

アイメイクやリップメイクなどが一度に落とせるように作られているので、パーツの限定されていないクレンジングオイルが最も落ちます。

メイクアップ化粧品はほとんどのものに油分が含まれているため、油汚れを浮かすために油が必要なのです。

また、滑るように馴染むので毛穴の奥までオイルが入り込みやすく、肌の凹凸の奥に入り込んだメイク剤までを掻き出せます。

さらにここで乳化させることで、成分として含まれた界面活性剤が浮いたメイクを水分で包み込み、肌から引き離してくれるのです。

クレンジングオイルを肌に乗せたまま水ですすぐより、一度乳化させた方が油分が落ちやすくなりますので乳化は忘れず行いましょう。

クレンジングオイルの選び方

クレンジングオイル

それではクレンジングオイルはどのような基準で選んだらいいのでしょうか?

まずは乾燥が気になる方におすすめのクレンジングオイルから。

乾燥が気になる方は、油脂系のクレンジングオイルを選びましょう。

クレンジングオイルの主成分はどのタイプでも油ですが、油の原材料が違います。

油脂系クレンジングオイルの原料はオリーブ油やひまわり油などの植物由来の油脂。

とろっとした感触のものが多く、クレンジングとして使った後もしっとり感が残ります。

このしっとり感の理由は油脂系のクレンジングオイルに含まれる油脂が肌にとどまるから。

ただ、この油脂は洗い残しがあっても肌に悪いものではなく、むしろ保湿剤として働いてくれるので、潤いを奪い過ぎずにしっとりとした感触が残りますよ。

おすすめはTHREEのバランシングクレンジングオイル。

THREE バランシングクレンジングオイル

アメリカアブラヤシ果実油やオリーブ油など、原材料の100%が植物由来。

黄金色のとろりとしたオイルが、メイクや大気汚染中の汚れなどをしっかりオフします。

洗いあがりもしっとりとして、お肌に優しい処方になっています。

植物由来で肌に優しい処方ながらクレンジング力も高く、何かとバランスの取れたクレンジングオイルです。

スリー 【THREE】 バランシング クレンジング オイル 200ml 在庫処分特価 【メール便(ゆうパケット)対象外】

価格:3,060円
(2020/3/11 22:06時点)
感想(1件)

もう一つ、油脂のクレンジングオイルは、言わずと知れた名品。

シュウウエムラのアルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイルです。

シュウウエムラ クレンジングオイル

8種類の植物オイルで、肌のメイク汚れを優しくオフ。

とろけるような感触がやみつきになります。

このクレンジングオイルはとにかく突っ張らない!

ちょっとお値段は張りますが、肌の美しさはクレンジングから。

ぜひ使ってみていただきたい一品です。

【送料無料】 シュウウエムラ アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル 450ml 【メール便(ゆうパケット)対象外】 【あす楽_土曜営業】

価格:8,600円
(2020/3/12 11:28時点)
感想(37件)

もう少しお手軽にクレンジングオイルを使いたい!という方にはエステル系ののクレンジングオイルがおすすめです。

エステルとは脂肪酸にアルコールを結合させた合成油のこと。

するすると軽い感触で、濃いメイクもスルリと落とせます。

肌の油分も摂りすぎることなく油汚れもしっかり落とせる、バランスの取れたクレンジングオイルです。

おすすめは敏感肌の方にも使っていただけるファンケルのマイルドクレンジングオイル。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケルの代名詞ともいえるクレンジングオイルは、汚れ落ちの良さと洗いあがりのしっとり感が人気です。

力を入れずに軽く馴染ませるだけでメイク汚れが浮き上がり、汚れをしっかり落とせます。

水に濡れた手でも使えるので、お風呂でクレンジング派にもおすすめですよ。



クレンジングオイルの正しい使い方

クレンジングオイルの高いクレンジング力は油分同士で汚れを浮かび上がらせるから、と説明しましたが、その洗浄力を最大限に発揮させるためには、乾いた手や顔のまま使うのがベター。

濡れた手でも使えるクレンジングオイルもありますが、効果を発揮させるために水は最後の乳化で使いましょう。

お風呂でクレンジング派も髪を洗う前にクレンジングをして、出来るだけ油分だけでメイク汚れを浮かび上がらせましょう。

そして浮かび上がらせたメイク汚れをしっかり流すためには、乳化が欠かせません。

乳化とは油と水が混ざり合うことをいいますが、洗い流す前にぬるま湯でしっかり乳化させます。

そうすることで、洗い流した時もクレンジングオイル特融のヌルヌル感が解消されますよ。

ぬるま湯を少し足して馴染ませ、白くなったら乳化のサイン。

その後しっかり洗い流しましょう。

クレンジングはあくまでメイク汚れを落とすために作られたもの。

たんぱく質汚れや皮脂を洗い流すために、洗顔料を使ったダブル洗顔がおすすめですよ。

まとめ

クレンジングオイルの乾燥が気になるときには、植物由来の油脂系のクレンジングオイルがおすすめ!
しっかり乳化させて、メイク汚れをしっかり落としてその後のスキンケアアイテムの効果を高めましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

あなたにおすめのクレンジング
肌に優しいクレンジングの選び方どんなクレンジングを選べばいいか分からない。そんな方にクレンジングタイプ別に特性やおすすめの商品をご紹介しています。...

にほんブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村