美容

ノンケミカルとケミカルの違いって?

こんにちは!美容オタク部のmamiです。

そろそろ本格的に紫外線対策が必要になってきましたね!

冬は少し弱めの日焼け止め、春から夏にかけては少し強めのものを使っているという方も多いのではないでしょうか。

日焼け止めを選ぶ際、パッケージに「ノンケミカル」と表記のあるものがあります。

ノンケミカルって何だかご存じでしょうか?

何となく肌に優しいイメージはありますが、具体的にどう肌に良いのか分からないという方も多いと思います。

そこで今回はケミカルな日焼け止めとノンケミカルな日焼け止めの違いについてご紹介いたします!

目次

ケミカルとノンケミカルの違いは?
ノンケミカルのメリット
ノンケミカルのデメリット
おすすめのノンケミカルの日焼け止め
その他おすすめの日焼け止め

ケミカルとノンケミカルの違いは?

ノンケミカルとは化学物質を使わない処方のもので、日焼け止めでいう化学物質とは紫外線吸収剤を指します。

逆に、日焼け止めでいうケミカル商品とは、化学物質である紫外線吸収剤を使った処方のものです。

紫外線吸収剤は肌に降り注ぐ紫外線を熱エネルギーなどの別のエネルギーに変換することで、紫外線による赤みや黒く焼けるのを防ぎます。

主に紫外線吸収剤として使われているのは、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルやパラアミノ安息香酸という、石油を原料とした化学物質です。

一方紫外線吸収剤が配合されていないノンケミカルな日焼け止めは、紫外線散乱剤を使って紫外線を跳ね返すことで肌へのダメージを予防するもの。

主に、酸化チタンや酸化亜鉛などの無機化合物が使われています。

酸化チタンは、白色の着色料として乳製品やホワイトチョコレートなどの食品にも使われているんですよ。

食品にも使われていると思うと、ちょっと安心しますね。

ノンケミカルのメリット

紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルの日焼け止めのメリットといえば、肌への優しさ。

紫外線吸収剤は白浮きしなかったり肌馴染みが良い反面、紫外線のエネルギーを吸収して変換する際に肌に刺激を感じる方がいます。

肌ダメージの少なさが最大のメリットといえるでしょう。

あとはクレンジングの手軽さ。

紫外線予防効果の高いケミカルな日焼け止めはボディソープでは落ちずに、しっかりクレンジングをしなければならないものが多い中、ノンケミカルな日焼け止めはボディソープや石けんで落とせるものが多いというメリットもあります。

さらには無機化合物の特徴を生かしてパウダータイプなどもあり、お化粧直しに便利な点もメリットとして挙げられますよ。

ノンケミカルのデメリット

ノンケミカルのデメリットといえば、着け心地と落ちやすさです。

白浮きせず肌になじみやすいケミカルの日焼け止めと比べて、白くなりやすく乾燥しやすいというデメリットがあります。

紫外線散乱剤の粒子が大きいため肌になじみにくいのですが、最近では粒子をナノ化することで改善されてきました。

ただ、ケミカルなものと比べると汗や水で落ちやすいので、こまめに塗り直す必要があります。衣類との摩擦でも落ちやすいので、注意しましょう。

でも、お化粧しているとなかなか塗り直すのが難しいですよね。

そんな時は日焼け止め効果のあるパウダーがおすすめ。

ファンデーションの上からでも重ねられるので、便利ですよ。

おすすめのノンケミカルの日焼け止め

 

それでは紫外線吸収剤を配合していない、ノンケミカル処方の日焼け止めをご紹介いたします。

これから日焼け止めを購入する際のご参考になさってくださいね。

 

アクセーヌのマイルドサンシールド

アクセーヌ マイルドサンシールド

まずはこちら。アクセーヌのマイルドサンシールドです。

皮膚科専門医との共同開発によって商品を作っていることで有名なアクセーヌの、敏感肌の方にも使いやすいノンケミカル処方の日焼け止めです。

こちらの日焼け止めは肌色になっているので、化粧下地としてもおすすめ。

ヒアルロン酸Naやセラミド配合で、気になる皮膚の乾燥もしっかりカバーしてくれます。

ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビが出来やすい肌の方も安心してお使いいただけます。

実際の付け心地はノンケミカルにありがちな重たい被膜感はなく、軽くてしっとりしています。

トーンアップ効果もあり、顔色がぱっと明るく見える点もおすすめですよ。

【メール便対象全国送料240円】マイルドサンシールド SPF28・PA   22g(アクセーヌ ACSEINE)

価格:2,649円
(2020/4/16 19:26時点)
感想(18件)

資生堂 アネッサマイルド

数ある日焼け止めの中でも人気のアネッサシリーズから、赤ちゃんも一緒に使える日焼け止め 資生堂のアネッサマイルドです。

アネッサってとにかく紫外線予防効果は抜群なのですが、効果が強い分ちょっと刺激が心配ですよね。

そんな方にも使えるのが、アネッサマイルド。

赤ちゃんも使えるマイルド処方で、もちろん紫外線吸収剤は入っていません。

ノンケミカルなだけでなく、アルコールや防腐剤のパラベンも使っておらず、さらに汗や水にも強いので暑い夏場やプールなどのレジャーにもおすすめです。

さらっとしたミルクタイプで伸びが良く、軽い付け心地。

化粧下地として使えるのも嬉しいですね。

汗では落ちにくいのに、石けんを使えばするりと落ちるので肌残りも心配なし!です。

アネッサ エッセンスUV マイルドミルク 本体 60mL 日焼け止め アットコスメ

価格:3,300円
(2020/4/16 19:54時点)
感想(0件)

ポーラ ホワイティシモ UVブロックミルキーフルイド

大手化粧品メーカーポーラのホワイトニングシリーズのホワイティシモからも、ノンケミカル処方の日焼け止めが発売されています。

こちらはポーラのホワイティシモ UVブロックミルキーフルイドです。

ポーラのホワイティシモといえばホワイトニングに特化したシリーズですが、実はその中でもマイルド処方としてノンケミカルの日焼け止めがあります。

3D-UVカットベールを配合し、肌に負担のかからないSPF30・PA+++。

紫外線吸収剤フリーに加え、紫外線散乱剤を従来品よりも40%減量して、より肌にマイルドにしています。

お子さんも2歳から使えますので、ご家族との共用も可能ですよ。

公式サイトはこちら

※青いチューブが目印です!

いかがでしたか?

日焼け止めにはケミカルとノンケミカルのものがあり、敏感肌の方には紫外線吸収剤の入っていないノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

ただ、落ちやすいというデメリットもありますので、シーンごとに使い分けることをおすすめします。

春から夏にかけては紫外線が強くなります。

肌の老化の原因は8割が紫外線と言われているほどですので、室内にいるからと気を抜かずに日焼け止めをしっかり塗りましょう!

日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村