美容

去年の日焼け止めって今年も使えるの?

日焼け止め

こんにちは!美容オタク部のmamiです。

いよいよ紫外線が強い季節に入りましたね。

春は気候的にも過ごしやすいので気を抜きがちですが、体感以上に紫外線はかなり強いので日焼け止めは必須です。

外に出る時はしっかり塗っているという方、素晴らしいです!では、室内にいるときはいかがでしょう?

紫外線カットのガラスやカーテンでない限り、室内にも紫外線が降り注ぎます。あまり外に出ていなかったのに少しずつ日焼けをしてしまっている方、案外多いんですよ。

外に出る機会が減っているからといって、油断は禁物です。

部屋の中で一日過ごす時も、日焼け止めはしっかり塗りましょう。

かといって、日焼け止めも何でもよいわけではありません。特に去年の日焼け止めが残っているからと、今年もそのまま使おうとしていませんか?

日焼け止めに関わらず、化粧品には使用期限があるんです。

 

去年の日焼け止め、今年もそのまま使って大丈夫?

 

はてな

 

結論としては、使わない方がいいです。日焼け止めに限らず、化粧品の使用期限は開封前は製造日から3年、開封後は6か月が使用期限の目安と言われています。

化粧品は保存剤などが配合されているので、ある程度は成分をキープするようにできていますが、やはり開封後は酸化などが進んでいきます。

特に開封してから1年経った去年の日焼け止めは、肌トラブルのもとになりかねませんので使わないことをおすすめします。

ただ、それはあくまで一般論。そこで、去年買った日焼け止めを使って検証してみました!

去年の日焼け止め

ポンプタイプの去年の日焼け止めを出した時にも中の液体の分離は見られず、見た目も買った時のまま。もっと分離していて、明らかに使えない!ってなると思っていたので意外でした。

実際肌に塗ってみましたが、特に肌トラブルは起こりませんでした。

でも肌トラブルが起きるかもと、使用頻度が落ちたり塗る量が減ってしまっては意味がありませんので、日焼け止めの効果を最大限発揮するためにも新しい日焼け止めを購入される方がいいと思います。

ここでケチって去年の日焼け止めを使って肌トラブルが起きると、結局高くつきますよね。

プチプラでいいので、日焼け止めは毎年新調しましょう。

日焼け止めの選び方

選び方

新しく日焼け止めを買うにあたって、どんなものが良いのか迷いますよね。

日焼け止めを買う際は、SPF値とPA値を目安に買いましょう。

日焼け止めのパッケージに記載されているSPFとは、紫外線B波による影響をどのくらいの時間防止できるかを示したもので、SPF2から50までで表記されます。

SPF1=20分の日焼け止め効果があるという数値。

SPF30の日焼け止めは、だいたい600分=10時間ぐらいの効果があるという目安になります。

そしてPA値とは、紫外線A波を防ぐ効果の強さを表したもので、+の数で紫外線予防効果を示しています。

最大値を++++としていますが、値が大きければ大きいほど日焼け止めとしての効果は高いものの、肌へも負担になります。

ご自身の生活スタイルに合わせて、日焼け止めを選びましょう。

あまり外に出ないという方は、日焼け止めの紫外線予防効果がSPF30・PA++ぐらいあれば十分ですよ。

肌に優しい日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶ際の数値の基準はパッケージを見て選べそうですが、実際自分の肌に合うか合わないかは使ってみないと分かりませんよね。

敏感肌の方にも安心して使っていただける日焼け止めの選び方の目安の一つとして、ノンケミカルの日焼け止めが挙げられます。

ノンケミカルとは、化学物質を使わない処方のものを指しますが、日焼け止めでいうところの化学物質とは紫外線吸収剤のこと。

成分表の中でいう紫外線吸収剤は、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルやパラアミノ安息香酸を指しているので参考になさってください。

ただ、ノンケミカル処方は売り出す側のメーカーさんにとっても売りの一つなので、パッケージに記載されていることが多いです。パッケージにも注目してみてくださいね。

外の木漏れ日

いかがでしたか?

去年の日焼け止め、私は特に肌トラブルはありませんでしたが、使っていくうちに症状が出るかもしれません。

やはり肌に直接つけるものは、使用期限を守って安全に使いたいですね。

ちなみにファンデーションやリップなどの化粧品も、使用期限は開封後半年が目安と言われています。

たくさん揃えてメイクを楽しみたいですが、お肌のためにも使用期限を念頭にアイテムを揃えていきましょう。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

日焼け止め
おうちにいても必須!肌に優しい日焼け止めおうちにいても室内に降り注ぐ紫外線。クレンジング不要で使い心地のよい日焼け止めをご紹介します。...