ボディケア

生理中って脱毛できないの?生理中のお肌の様子やあまりおすすめしない理由を解説!

脱毛の疑問

こんにちは。美容オタク部のmamiです。

今脱毛に通っている方、もしくはこれから脱毛に通おうと思っている方、生理中は脱毛できないって聞いたことありませんか?

結論から言うと、生理中でも脱毛はできます!

でも、生理中は脱毛できないなんていう噂が流れるには理由があるんです。



目次

生理中の肌はデリケート
生理中、どの部位でも脱毛できるわけではありません
一番刺激がなく脱毛を受けられるのはいつ?

生理中の肌はデリケート

デリケートな女性の肌

生理中って、脱毛と関係なく肌の調子が悪くなりますよね。

それはホルモンバランスのせい。

生理は、エストロゲン・プロゲステロンと呼ばれる2種類のホルモンによって引き起こされます。

でもこの2つのホルモンのうちのプロゲステロンは、皮脂の分泌を活発にします。

それにより肌にニキビができやすかったり、生理のストレスから肌荒れを悪化させるのです。

そして肌の潤いを保って状態をキープしてくれるエストロゲンが減少するので、肌が乾燥しやすくバリア機能も低下。

この2つの現象が起こることで肌が弱っているので、生理中はお肌がデリケートになるのです。

ただ、生理中の肌荒れはなかなか治すのが難しいです。

ホルモンバランスによるものなので根本から治すことは難しいですが、出来るだけ肌に優しいスキンケアを心がけたり、睡眠不足や不摂生を避けるようにすることで肌の状態はある程度キープできますよ。

このようにバリア機能が低下していることから、生理中の脱毛はダメなの?とよく疑問が起こるのです。

ただし、バリア機能が低下している状態での施術は痛みが生じたり、赤みが出たりするケースもあります。

その際は機械の出力レベルを落として施術してもらうことも可能ですが、その分脱毛効果も感じにくくなります。

もちろん脱毛自体は生理中も可能ですが、様々なリスクを回避するためにも生理期間中を避けてスケジュールを立てたほうが良さそうです。

生理中、どの部位でも脱毛できるわけではありません

生理中は脱毛OKといいましたが、どの部位も大丈夫ではありません。

例えばVIOのデリケートゾーン。

生理中の施術は軽血による感染症のリスクも高まります。

サロンやクリニックの多くが、生理中のVIOの脱毛はお断りしているようです。

自分自身も生理中に施術してもらうのは気が引けますよね。

2~3か月周期で脱毛に行くサロンやクリニックが多いので、スケジュール管理が難しいとは思いますが、施術予約の日が生理と当たりそうだなと思ったら早めに連絡しましょう。

特にコースの場合、生理が理由の当日キャンセルも1カウントされてしまうケースがありますので気をつけましょう。

一番刺激がなく脱毛を受けられるのはいつ?

では、一番安全に受けられるのはいつなの?

それは生理が終わった直後です!

一般的な生理周期は28日~30日。

生理期間中はホルモンバランスが乱れて肌にも影響が出ますが、生理後は女性ホルモンが活発になり、心身ともに安定します。

どのタイミングで脱毛の施術を受けても効果は同じですが、生理後1週間以内が一番おすすめ。

肌の調子の悪かった月経期から一転、女性ホルモンがアップする卵胞期はお肌の水分量も増えて肌ツヤが良くなり、自律神経も整うので、脱毛によるリスクが少ないです。

生理周期が乱れがちな方はスケジュール管理が難しいとは思いますが、出来れば生理が終わったタイミングに合わせて次の予約を入れましょう。

では生理前は?

生理前もあまりおすすめできません。

生理前ってお肌が荒れますよね?

お肌の荒れ具合で生理の予測がつくという方もいらっしゃるぐらいなので、やはり肌のためには生理前の脱毛はあまりおすすめできません。

顔と違って身体の皮膚のコンデションは分かりにくいのですが、お顔が荒れている時は身体のお肌も低迷期と思ってください。

肌トラブルを招かないためにも、特に肌の弱い方はできるだけ生理中と生理前を避けて予約を入れましょう。

まとめ

生理中の脱毛は可能!
でも出来る部位が限定され、リスクもあります。
出来るだけ生理後のタイミングで脱毛の施術を受けましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

にほんブログ村のランキングに参加しています。
↓クリックしていただけると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村