美容

肌に優しいクレンジングの選び方

あなたにおすめのクレンジング

こんにちは!美容オタク部のmamiです。

先日あるテレビ番組を何気なく観ていて、とある雑誌の編集長という方が出ていらっしゃったのですが、その方の美しいこと。
その美しいお方とは、『美的GRAND』編集長の天野佳代子さん。

 

天野佳代子さん天野佳代子さん

 

年齢の割に美しいなんてもんじゃなく、本当にお美しい方でした。なんと御年63歳!!こんな63歳います!?写真だときれいに見えるように加工されていることも多いですが、映像で見てもこの美しさ!

そんな天野さんがおっしゃってたんですよ。美肌に大切なのは、「ちゃんと汚れを落とすこと」だって。私、その日からクレンジングと洗顔に目覚めました。笑

そこで満を持してクレンジングの大切さを今回はご紹介したいと思います!

でもね、クレンジングってオイルかやジェル・ミルクとかクリームとたくさんあって、どれが良いか分からないという方も多いと思います。

クレンジングオイルは肌に刺激が強そうだし、ミルクは洗浄力が物足りなさそう・・・。

そこで今回はメイク落としのタイプ別にメリットデメリットをご紹介します!



 

目次

しっかりメイクを落とすならクレンジングオイル
まつエク愛用者におすすめのクレンジングジェル
お肌に優しいクレンジングミルク
いいとこどりのクレンジングバーム

しっかりメイクを落とすならクレンジングオイル

オイルクレンジングは「老いるクレンジング」なんていうぐらい悪の存在とされていた時もありましたが、全然そんなことありません!私は長年クレンジングオイルを愛用していますが、老けて見られたあことは今のところないし(今のところね)やっぱりしっかりメイクをきちんと落とすにはクレンジングオイルが一番かなと思います。メイクアップアイテムは油が含まれていますので、しっかり油分の入ったクレンジングで肌をきれいにするのがおすすめ。油には油が一番効果的なんです。

ではなんでクレンジングオイルは悪とされてきたか?それは洗浄力が強いから。でもその分しっかり汚れは落としてくれるので、日ごろからガッツリメイクをされる方にはおすすめです。

もちろん敏感肌の方でも使える肌に優しい処方のクレンジングオイルを使えば、肌への負担を最小限に抑えるだけでなく、美肌への道を妨げる汚れ残りを解消してくれます。

■クレンジングオイルのポイントは乳化

クレンジングオイルの効果を最大限発揮させるためには、乳化が大切です。乳化とは、水と油が合わさりあった状態のこと。クレンジングオイルを肌に馴染ませたらそのまま流さずに、少量のぬるま湯で白く濁った状態にしてください。この白さが乳化のサイン。乳化をさせることで汚れが浮き上がり、汚れを落としやすくするだけでなく、メイク材を含んだオイルをすすぎやすくします。乳化のタイミングはすすぐ直前がベストです。クレンジングオイルの効果を最大限に発揮させるために、ぜひ乳化を行ってくださいね。



おすすめはファンケルのマイルドクレンジングオイル。
口コミサイトでも常に上位にランクインされていて、私自身も大好きなクレンジングオイルです。

使い心地もとってもマイルドなのに、しっかりメイクをオフしてくれるところが人気の理由。テクスチャは割ととろりとしていて、濡れた手でも使用できます。
私は普段ウォータープルーフのマスカラを愛用していますが、アイメイクもこの1本でしっかり落ちます。
なのに使用後もツッパリ感はなく、肌がパリパリになるということもありません。

ドラッグストアやコンビニでも気軽に手に入りますが、トライアルならワンコインでお試しできますよ。
小さいボトルは旅行にも重宝しますので、一度使ってみてくださいね。

そしてもう一つ。こちら

牛乳石鹸 カウブランド 無添加 メイク落としオイル(150ml)【more20】【カウブランド】

価格:702円
(2020/2/11 09:09時点)
感想(629件)

牛乳石鹸 カウブランドのクレンジングオイル。
こちらも愛用しているクレンジングオイルです。
ファンケルのクレンジングオイルと比べるとややサラリとした印象。ウォータープルーフマスカラなどのガッツリアイメイクもこれ1本でしっかり落とせます。お勧めしたい点は、何といってもコスパの良さ!着色料、香料、防腐剤、品質安定剤、鉱物油、アルコールは無添加の肌に優しい処方なのに、1本700円ほどで手に入ります。ぜひ一度お試しください。

まつエク愛用者におすすめのクレンジングジェル

クレンジングジェルとは、クレンジング剤にゲル化剤を入れてジェル状にしたもの。クレンジングジェルは肌に優しいイメージですね。でもジェルが全て肌に優しいわけではありません。何を入れてジェル状にしたか。これに尽きると思います。

■オイルフリーのクレンジングジェル

名前の通り、油分を含まずに作ったクレンジングジェル。肌に優しいマイルドな処方にはなっていますが、しっかりメイクを落とすためのクレンジング剤としては少々不向き。日ごろからメイクの薄い方やまつエクなので油分を含んだクレンジングを使えない方向けです。

■オイルインのクレンジングジェル

こちらは油分の入ったクレンジングジェル。オイルインとはいえ、他のクレンジング剤と比べても油分はかなり控えめです。たいていのものはオイル成分は全体の1割にもなりません。オイル成分が少ない分肌には優しいですが、ウォータープルーフのマスカラなどはリムーバーが必要になります。お湯で落ちるファイバー入りのマスカラをお使いの方にはおすすめですよ。

花王 キュレル ジェルメイク落とし (130g) クレンジングジェル curel 【医薬部外品】

価格:820円
(2020/2/11 09:33時点)
感想(10件)

おすすめのクレンジングジェルはこちら。敏感肌の強い味方、キュレルのクレンジングジェルです。柔らかなジェルで肌馴染みはよく、ナチュラルメイクならきちんと落ちますよ。

お肌に優しいクレンジングミルク

数あるクレンジングタイプの中でも、最もお肌に優しいクレンジングミルク。アレルギーの出やすい季節や肌が弱っているときにもおすすめのクレンジング剤です。少量の油分が入っているため汚れ落ちも良く、落とす力と潤す力のバランスの良さが魅力。クレンジングオイルのような手軽さには劣るものの、肌にあたる質感が変わるまでしっかり馴染ませてあげると汚れがよく落ちますよ。

アクセーヌ ミルキィ クレンズアップ 120g メイク落とし・クレンジングミルク・乳液タイプ[r]

価格:3,080円
(2020/2/11 09:48時点)
感想(0件)

おすすめはアクセーヌのミルキィ クレンズアップ。そこまで緩くない、ミルクタイプのクレンジング剤です。こちらの商品の良いところは角質柔軟成分が配合されているので、メイクを落とすとともに不要な角質も優しく落としてくれるところ。馴染ませている間に重い感触になったら、メイクが落ちた合図です。少量のお湯を含ませながら、優しくすすいでください。(私はシャワーで一気に流していますが、しっかり落ちます)肌が弱っている時こそ良さに気づく、そんなクレンジングミルクです。

いいとこどりのクレンジングバーム

ここ数年耳にするようになったクレンジングバーム。要は、クレンジングオイルとクレンジングクリームの中間で、高い保湿力が魅力のクレンジング剤です。ジャータイプの容器に入っているものが多く、蓋を開けたときは固形の状態です。肌に乗せると体温で溶け出し、オイルのような緩やかなテクスチャに変わります。クレンジングバームの良さは高い保湿力。洗いあがりはクレンジングオイルのようなさっぱりさというより、肌に潤いの膜を張ってくれるようなイメージでしょうか。使ってる最中も液だれしにくく、使いやすさも魅力の一つです。



おすすめのクレンジングバームはデュオ ザ クレンジングバーム。蓋を開けた時はシャーベットのような感触ですが、肌に乗せると溶け出します。洗いあがりもしっとり。でも肌に残る感じもなく、乾燥する冬にぴったりのクレンジング剤です。
こちら税込み3,960円とご紹介したクレンジング剤の中では少しお高めですが、サイトで初めて購入される方は半額で買えます。(送料も無料)
ぜひお試ししてみてください!

まとめ

手軽にしっかり落としたいならクレンジングオイル

まつエクをしているならクレンジングジェル

肌に優しくメイクを落とすならクレンジングミルク

肌の潤いを残したいならクレンジングバーム

毎日使うクレンジング剤、もちろん使い心地も大切ですよね。お得に試して、自分に合ったクレンジング剤を見つけてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました♪



クレンジングオイル
クレンジングオイルが肌に悪いって本当?こんにちは!美容オタク部のmamiです。 みなさんはどんなクレンジング剤をお使いですか? 私はウォータープルーフのマスカラを...